無料アフィリエイトで稼ぐには、多くの人にあなたのアフィリエイトセンターから与えられた宣伝ページを見てもらう必要があります。

基本はブログなどで紹介して資料請求をしてくれる人を獲得するのですが、はっきり言ってブログでわざわざ①紹介文章を見て、②紹介URLをクリックして、③メールアドレスを入力して④資料請求をする。という4つの手順をわざわざ踏んで登録してくれる人はほとんどいません。

ですが、①と②をすっ飛ばして、直接ランディングページを見せた場合、登録の確率は格段に上がります。そのためにクリック保証のある有料広告や、無料でクロック保障の付くシステムがあるトラフィックエクスチェンジやリードメールを使います。

2つのトラフィックエクスチェンジを紹介します。

banner_m1

bannerm2

無料アクセスアップ オレンジトラフィック

ここでは主に無料オファー宣伝用に作ったブログを宣伝します。

まずはSeesaaブログで無料ブログを適当に作ってください。記事はご自身で書いてもいいのですが、もし難しいと思うなら各無料アフィリエイトセンターには、各案件ごとにあなた専用のアフィリエイトURLを埋め込んだ紹介用文章が用意されているので、それを記事として登録します。

ブログを作成し、記事の登録が済めば、トラフィックエクスチェンジTVとオレンジトラフィックに、あなたの作った無料オファー宣伝用のブログを登録します。

あとはオートサーフでポイントを溜めて、トラフィックエクスチェンジTVなら『クリックexc割当』、オレンジトラフィックならば『クリック広告の設定』で、クリックポイント割り当てます。

これであなたの無料オファーアフィリエイトのブログの方は無料で宣伝できます。ですが、ブログだけの宣伝ではほとんど効果がないと思います。やはり、直接ランディングページに行ってもらう方がいいので、クリック保証のある有料広告を申し込む方がいいと思います。

有料リードメール広告で無料オファーを宣伝する

有料広告の単価はトラフィックエクスチェンジTVなら400円~~、以下にあげるリードメールならば100~1000円の間で宣伝が出来ます。

クリック保証だと必ず顧客があなたの無料オファーのランディングページを見てくれるので、無料資料請求をしてくれる確率が上がり、1回の広告出稿で2.3人から多い時で10人前後の登録者がゲットできます。1回の広告料が400円だとすれば、案件が300円だと、2人で元が取れます。

 

広告料はめっちゃ高い。ただし、ポイントサイト機能もあるのでポイントゲットの後に広告出稿もできるのが利点。活動中の会員も多く広告効果は高い。
サイト登録形式になるので、ブログでの宣伝になる。1回300クリック。

ブログの宣伝は効果的、短縮URLで登録できれば無料で300クリック保証も受けられる。

リードメール ナッチュ・ラボ 新規会員登録はこちらから

会員数は3000人余り、1000クリック保証350円から、アフィリエイトURLでの登録可能、短縮URLでの登録可能。

access-ad.com

会員数は10000人を超える。ただし、活動中の会員数は少ない可能性あり、1000クリック100円からクリック保証広告が出来る。アフィリエイトURLでの登録可能、短縮URLでの登録可能。

pegasusmail.net

会員数は2000人。ただし、1000クリック150円からクリック保証広告が出来る。アフィリエイトURLでの登録可能、短縮URLでの登録可能。

kingmail.jp

会員数は6000人以上。ただし、1000クリック135円からクリック保証広告が出来る。アフィリエイトURLでの登録可能、短縮URLでの登録可能。

短縮URL作成ツールを活用してURLを入れ替えて効率的に無駄なく宣伝する

おすすめのリードメール広告ですが、弱点があります。リードメールは1000クリック保証あって、確かに1000クリックが終わるまでは何度でも配信してくれます。

しかし、無料オファーアフィリエイトは期間限定です。

http://directlink.jp/tracking/af/731892/4ZtflWm2/

これはインターネットコネクターセンターのある物件です。期限切れするとこのように登録もできず、何の意味もありません。これがリードメールで広告を打つ場合障害になってきます。

リードメールは最初に広告を宣伝すると、クリック保証に到達しない場合は一度その広告は宣伝終了し、数日置いてクリック保証が終わるまで宣伝を繰り返す。という形式をとります。それが長ければ半年~2年という単位になります。

そうなると残ったクリック保証は無駄になりますよね。そこで、短縮URL作成ツールを使って短縮URLを作って、その短縮URLでリードメールに登録します。

ただ、短縮URL作成ツールであればいいというわけではありません。短縮URLはそのままで、アフィリエイトURLを切り替えられる。そんなツールでなくてはいけません。

http://amanouzume.net/m/miyahara

これは私のある短縮URLですが、この短縮URL『http://amanouzume.net/m/miyahara』はそのままで、短縮したアフィリエイトセンターの紹介用URLを入れ替えて登録できるツールが必要だということです。

そういうツールとして私はこれを使ってます。



【大幅バージョンアップ!】稼げる装置搭載!新しい短縮URL作成&管理ツール。「tinydokaanpro(タイニードカーン・プロ)」

これの作者は嫌いなんですが(無料オファーから彼のアフィリエイト塾に19万円で入門、単にこいつの商品を売るバイヤー育成プログラムだった。)、短縮URLはそのままで、短縮するほうのURLを切り替えられる機能が重宝で、もう5年以上使ってます。

たとえば、3つの無料オファーアフィリエイトセンターに入ったとして、それぞれの紹介用アフィリエイトURLを短縮URLにすると、3つの短縮URLが出来ます。あとは、A社はURL①、B社はURL②、C社はURL③と決めて、それぞれ新しい案件が出るたびにタイニードカン・プロの編集機能で紹介用アフィリエイトURLを切り替えるというようにしていきます。

すると、過去に出した広告も、今の無料オファー案件に切り替わって行くので、無駄なく広告が打てるというわけです。

タイニードカン・プロの設定はちょっと難しいですが、説明がしっかりしているので出来ると思います。また、サーバーの設置も必要で有料になりますが、最近では年間1000円ちょっとで借りられるサーバーもあるので、ネットで稼ぐための練習料金として支払っても安いものだと思います。

Twitterを含めたSNSでの宣伝

ガンガンやると嫌われること間違いなしです。ほとんど効果がないのでやめておいた方がいいでしょう。Twitterに至ってはアフィリエイトURLであろうが短縮URLであろうがフィルターが数分でかかって閲覧できない状態にされるので、ほぼ、何の意味もありません。

もし、Twitterで宣伝するならブログの外部提携アプリケーションで提携し、記事投稿と同時にお知らせするしかありません。

これだと、①Twitterユーザーに気づいてもらう、②ブログをクリックして開いてもらう、③記事を読んでもらう、④紹介用URLをクリックしてもらう。⑤メールアドレスを入力し、資料請求してもらう。と5つの段階が必要になります。これは遠すぎて資料請求してもらって、報酬が発生する確率は10%以下になります。

つまり、100回記事を投稿して、10人以下の登録率です。ダメもとですね。やらないよりましってところです。

メルマガアフィリエイトをする

無料オファーアフィリエイトで一番効果的なのはメルマガアフィリエイトです。メルマガアフィリエイトとはメールマガジンによって個人のメールボックスに直接案件紹介をする方法です。

ただし、これはネットで稼ぎたい初心者のメールアドレスを5000人以上持っていなければ意味がありません。初心者は今からメルマガを開設し、登録者を集めてメールマガジンを送る。という作業をしなければなりません。

すぐには稼げないんです。

すぐに稼ぐためにはどうすればいいか

メールアドレスを買えばいいんです。高いですよ。20万円ほど用意できれば毎月数万円稼げるかもですが・・・・。保証はできません。

私は昔、MTSというアフィリエイトセンターからメールアドレスを7万円で7000人買いましたが、それがみんなゲームサイトに登録した人で、全く稼げず、どんどん登録解除されて、残ったのは1000人ほどでした。

お小遣い稼ぎでいいというなら、リードメールの広告の方がいいですね。

もし、メールアドレスを買う場合は、ネットできちんと調べてから買ってくださいね。メールマガジンの設置も、到達率とかよく調べて選んでください。必ず比較サイトがあります。