ここのところ、新型コロナワクチンの危険性を訴える活動をネットでしていた。しかし、職場のおばばのほとんどが、注意したにも関わらず新型コロナワクチンを打ち、私はスパイク淡泊を暴露されて、下痢になるわ、1週間発疹が上半身に出るわで、もう最悪でした。

しかし、無知というのは恐ろしい。新型コロナは単体分離されていない。つまり、存在すら証明されていない。ウィルスが取り出せない以上、従来のワクチンは作れない。そこで今回は遺伝子組み換えワクチンを緊急承認して打たせることにした。打ちたい人は打てば?自己責任で、副反応出たら自己負担やで~~。といい加減なことが厚生労働省の公式文書に書かれていたりする。

しかも、事実として、イスラエルでは、感染者の90%以上がワクチン接種者で、重症患者の60%がワクチン接種者である。イギリスではワクチン2回目接種者の感染者7238人中50人が死亡、ワクチン未接種者の感染者53822人中48人が死亡というデータも出ていて、ワクチンを打った方が全てにおいて悪化することが証明されている。すべて公式データのため調べようと思えば誰でもたどり着ける。しかし、日本の中高年のほとんどはテレビやマスコミに洗脳されてて、『ワクチンは安心安全』『ワクチンを打てば自由が手に入る』と幾度となく洗脳され、洗脳された人が同調圧力を仕掛けて、どんどんワクチン接種に追い込んでいる。

これ見れば、あほ臭くて危なくてワクチン打つのが怖くなるが→ワクチン打てば永久に貴方の細胞が変形弱体化します「徳島大学名誉教授 医学博士 大橋眞氏」

おばはんどもは見るのが怖いと言いやがる。いや、死ぬのと、見るのと、どっち選ぶの。と言っても見ずに死ぬのを選んで行った。みんな打つからとか言ってた。結局、自分自身で調べて判断するという能力を洗脳で封印されている。だから言っても危険度が伝わらない。逆に私が危険な奴になってしまった。努力したが無駄だった。

今の感染爆発の感染者のほとんどがワクチン接種者だなんて夢にも思ってないと思う。


初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。

現状、7月23日の高値マークの付いた陽線の始値に仕掛けた逆指値売りがヒットしてエントリー中です。現在安値がついているので、8月2日が陽線になれば売りは決済します。


FXはじめるなら【LIGHT FX】

8月3日の朝です。8月2日の陽線によって、8月1日にSHI_Silver TrendSigの反転シグナルが付き、売りエントリーの決済条件になりました。買いエントリーは決済します。利益は68.4pipsです。

また、『A・SHI_Silver TrendSigの反転シグナルの付いた陰線の後の陽線』という買い条件に当たったので、買いエントリーします。ただし、このロウソク足の始値に損切り設定をして、ここに逆指値売りエントリーを仕掛けておきます。





現在、8月23日の朝です。

8月3日以降ですが、8月4日に安値が切り上がった後の陽転が出たので、買いエントリーキープし、①の所の8月7日に平均足が陰線になったので、買いエントリーは決済しました。ただし、OsMACD_MのMAは強気だし、ヒストグラムも強気なので、転換線に下降を妨げられていることからも、ここで下降は止まると見て売りエントリーせず、8月7日の陰線の始値に逆指値買いエントリーをしかけます。

8月8日に上昇し、これからと思った8月9日に伸び悩み、おかしいと思ってスパンモデルを見たら、下降中の青スパンに止められてる。ここまでかな。と思い。スパンモデルの坂道の法則で、赤スパン・青スパン共に直前は下り坂なので、この高値2の後の陰転を狙いました。緑の矢印の所、ロウソク足が陰転し、青スパン下り斜面の法則、青スパン坂道の法則、赤スパン坂道の法則が成立する。ここから売りエントリーし、現在大幅な利益が出ています。

移動平均線だけでなく、スパンモデルも見なければいけませんね。