2020年1月になりました。今月はボーナスの5万円と2万円の追加と、利益積み上げで合計238000円になりました。ここからはお金を作りに行きます。

基本的に平均足を使い。9MAトレードと追い越せなかった理論を踏まえたトレードになります。今年から4つの口座の通貨をAUD・JPYに固定したので、このブログもAUD・JPYでのトレードを紹介します。





1月3日の朝、日足がEMA9MAを陰線で打ち抜いていたので、ここで売りエントリーしました。その後6日に少し戻しましたがキープし7日に大陰線になり美味しく利益をむさぼりました。更に8日早朝大暴走して下がり過ぎました。これは・・・。終わりそうです。




4時間足で確認し、下がり過ぎたところの山がダイバージェンスであることを確認できました。ダイバージェンスからは反転上昇になりやすいので、抱き線の形でロウソク足が陽線になれば利益を確定する場面となります。平均足とロウソク足を重ねて表示してあるのは、同時に確認できるからです。

平均足が赤十字線でロウソク足が陽線の4時間足が確定したのでここで売りエントリーを決済しました。この後平均足が陽線になれば買いエントリーします。で、次が陽線になったので買いエントリーしました。あとは陽線が続く限り買いエントリーを押し通します。




上昇トレンドは4時間足でアリゲーターの中に入った時点で利益確定しました。で、狙うは売りエントリーだったんですが、これが難しい。9MAトレードに記載したように売りエントリーは日足での売りエントリー条件に嵌らなければどうなるか・・・・。その答えが1月15~17日に出てます。

はっきり言って、4時間足を見て売りエントリーするとこうやって涙目の損害になりますよ。という反発上昇されました。ただ、日足がレンジ圏になっているので、EMA9MAを打ち抜いていない状況であっても、やがては反転下降してくるのでキープして下降が始まるのを待っていました。


初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。

1月17日に急激下降が有り、EMA9MA辺りまで下がってきました。アリゲーターのラインが絡み合うレンジ圏では、アリゲーターの上での反転下降はアリゲーターの下まで落ちるので、売りエントリーはキープしました。



予想通りの下降が始まりました。それなりに稼げましたが1月23日現在2日間、週足のEMA9MAに当たる日足のEMA45MA付近で停滞してます。そろそろ下降の大波が来てほしいですね。

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

大波が来ました。しかし4時間足で見たところ行き過ぎてしまったので、最初の大きな陰線で戻り始めたところで決済し、反発が出た陽線の始値に逆指値売りを仕掛けて待ちました。1月24日深夜に大きく動いて、深夜2時ごろに再び下がり過ぎの状態になってしまい。ここでもう一度決済しました。合計75.9pipsの利益を得ました。


USD/JPYスプレッドは0.3銭、「みんなのFX」

さて、週明け。9MAトレードとしては大きなミスをしました。 売りエントリーを決済し、この後伸びるか?と考えているうちに突っ走られてしまい。慌てて売りを入れると逆走されて、金額としては4500円の損切りをしました。その後15分足でさっくり戻して、-1750円にして、4時間足を見て逆指値売りを仕掛けて20pipsゲットして+4250円にして月曜日を終えました。

基本、9MAトレードでは日足が陰線で続いている場合はキープします。決済してしまったおかげで月曜日の利益の大半を失い。無駄な負けをしたわけです。


FXはじめるなら【LIGHT FX】

 
四時間足を見ても平均足は陽線にすらなっていません。せめて売りで決済するには4時間足の陽線になることが最低条件です。また、上昇に向かう場合EMA9MAとSMA9MAがデッドクロスしてからなので、月曜日の時点では売りは決済する必要はなく、キープが正解です。

基本的に9MAトレードのルールの外でエントリーすればろくなことはありません。