このところ読み間違えたり、読めなかったり、日足は苦労している。基本的には上昇に向かってきたものが勢いをなくしてきている状態なので難しい。そのうちこういう所の扱いにも慣れてくるかな・・・・。

EURUSDWeekly
FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

週足で見るとEMA5MA上り斜面の下影陽線と絶好の上昇暗示。日足で上昇暗示が出れば買いという1週間でしたが、私はこのチェックをしてませんでした。

また、エントリーをためらった火曜日も、4時間足を見ればMACDのヒストグラムダイバージェンスで、戻り買いを狙えるパターン。
EURUSDH4
FXなら外為ジャパン

★小技★スパンモデル上り坂の法則が4時間足で嵌り回ってますが、ほとんどがMACDのヒストグラムダイバージェンスです。必ずここは覚えましょう。どの時間軸でも使えます。

火曜日の買いエントリーをできなかったのは痛恨のミスです。では、水曜日の買いエントリーですが・・・・。これは微妙です。ただ、小さな陰線の後に大きな陽線が出た場合調整の戻りを入れられることが多いので、警戒するべきでした。特に3_level_zz_semaforの高値②の後だけに、4時間足で下降が始まったなら撤退が正解。

ただ、ここで下がったとて、単に調整の戻りなので再び上昇の可能性が高く、買いエントリーはキープしています。今殆ど戻ってますが。

では、1月第4週の見立てですが、現在週足は青スパンに陽線が当たったところで止まってます。ここを突き抜けて雲に入るか、抵抗されて戻されるか、微妙ですが6対4くらいの確率で『戻される』です。まあ、ちょこっとだとは思いますが、買いエントリーはプラスになればさっさと引き上げた方が身のためですかね。

この週は流れがはっきりせず、ふらふらすると思います。